2014年08月04日

201204岡山旅2日目C 誕生寺そのA

お寺の様子の続きです。

ここからは法然さん大好き!っていう感じがあって、そりゃあ慕って全国から来られるでしょうよ!と納得の嵐です。
法然上人が大好きな方は必ず行きたくなりますね。





勢至堂。
法然上人のご両親の霊廟です。
こちらの案内を見て熱い想いになってしまう私。



そして産湯の井戸。

これは絶対に行かねばと思います。
全国から沢山来られていた(呼び出しが北九州とか関東とか)方たちが、霊廟にお参りされている時にとても晴れやかだったり、神妙だったりと強いお気持ちがびしびしと伝わってきました。
(すいません練供養目当てでと横で反省しておりました。)



そろそろ足も痛くなってきたので、と思いつつみるとまだ上があるとのこと。



奥院。
この前に階段があったので、足の痛さがちょっとぶりかえしてしまいました。

ここまで来ていて楽しい気持ちと、足の痛さが同じぐらいになり。
本堂と阿弥陀堂をちょこっとだけ拝見(お参り)し、練供養スタンバイという名の休憩に入ることにしました。
posted by 桂花 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

201204岡山旅2日目B 誕生寺その@

駅から歩くこと約10分。
お寺の門が見えたかな?というぐらいで、不思議なものを発見。



娑婆堂です。
ここへ来た時に私の中の何かが振り切れたようで、一気にテンションが高鳴ります。







娑婆堂の中にはすごい飾り(日光東照宮にあるような)があったり、法然上人の絵が描いてある湯呑が置いてあったり(なんとなくほしくなる)します。





そしてお寺のほうへ。
今日の上導師をされる方が高砂(兵庫)のお寺のお坊さんと知って、岡山に親近感を。
このあたりはちょっと車で走ると兵庫なので(岡山市内より近い)繋がりも深いのかなと思い。
観光パンフレット見ても、県関係なく観光を一緒にPRなさってる感じです。



阿弥陀堂。
こちらで法話等されていたのですが、時間が間に合わず。
このお堂の裏?あたりで、ご朱印がいただけます。



本堂。
中の様子はなぜかあまり記憶にありません。
阿弥陀堂も本堂も足の痛みが強かった(混んでいたので最後に見た)んで、あまり奥に入れなかったからと思います。
つくづく自分の残念さにがっかりするばかりです。



宝物館。
こちらは本当にお練り好きにはたまらない空間でした。
まだこの時は弘法寺に行ってなかったので、阿弥陀さんに感激しました。

誕生寺は法然上人の生家の場所に、平家物語で有名な熊谷直実が法然上人の弟子となって建立したお寺なんですね。
そして八百屋お七の供養がされているお寺でもあります。



お七観音。
宝物館には、供養の為遺族から託された彼女の振袖がありました。
以前奈良の今井町の大きな家の衰退の理由が、彼女の起こした火事だったと聞いたことがあります。
やったことは許されることではありませんが、彼女の純粋さがとても悲しく思えますね。

お寺の様子続きます。
posted by 桂花 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。