2011年01月27日

一人郷土研究部な旅1001E 兵庫 小野 浄土寺

今回の旅の最後の記事になります。

浄土寺に着きました。

hyojokakogawaono_12.jpg

カフェのような看板があり、よく見ると拝観時間の案内が。
こちらは昼休みがあるようです。

hyojokakogawaono_13.jpg

hyojokakogawaono_14.jpg

お寺の階段を上がると、有名な阿弥陀三尊さんたちがいらっしゃるお堂がすぐにあります。
ですが、このお寺さりげなくすごいものがあると思います。
神社あたりはすごく好みです。

hyojokakogawaono_16.jpg

こちらのお寺の有名なのは、阿弥陀堂。
重源さんと快慶さんがどんな方かはお会いしていないからわかりませんが、お会いできるのなら握手したい!
とりあえずすごい!の一言です。
夕方の日の光がちょうど阿弥陀さんたちの背中から入って、ご来迎みたいにみえる設計をされていると!
仏像は等身大ぐらいかと思いきや、大きく穏やかでありたくましさがあるような「迎えに来てほしい」具合です。
予約入れとこうかしら?笑(いい大人でないと無理な気がします。残念。)

hyojokakogawaono_17.jpg

私は冬仕様なので実際のところはリーフレットで紹介されている後ろから光が射す形ではなく、横側からうっすらと光が射す形になるのですが「ほんのり色づく」仏像の皆さんがまたいいのです。

とか大喜びしてるんですが、なかなか光が射してくれない。
30分程お堂の中にいたのですが、お堂の中が5度だったらしく(外よりも寒い気が…)足の裏は冷え切りコートにマフラーぐるぐる巻きのまま震えてました。
この時期に行かれるなら、靴下をもう1足とひざ掛けはほしいと思います。

すごくあっさりしていていいお堂なのですが、光がよく映えるように柱にもすごい工夫がされていたりします。
私は一般人なので建築は全くわからないのですが、これはすごいと本当に思います。
知り合いの建築士に勧めてみようと思います。(車乗せてもらう気ですね!笑)

hyojokakogawaono_15.jpg

でもご本尊は薬師堂にいらっしゃるようです。(覗いてみたけどよくわからなかったです。)

今度はベストシーズンと言われる夏に!
このお寺には小さい散歩コースみたいなのがあるようですので、温かい季節にはいいかと思います。
5月あたりにまた行ってみようと思います。
posted by 桂花 at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

一人郷土研究部な旅1001D 兵庫 加古川から浄土寺(小野)への移動

今回移動がちょっといろいろあるので、移動の話も記事にしてみました。

加古川から小野まで出るのに、JRの加古川線に乗って神戸電鉄(訳して神鉄)に乗ります。
加古線(と地元は言うらしい)は本数がなくって大変とこのあたりに住む友人知人同僚から数知れず聞いてましたが、本当にないです!
だからバスにしてる、駅まで車っていうのがよくわかりました。

私が乗った時間帯は1時間に1本だったので、とりあえず加古線には飛び乗れ!と飛び乗りました。
寒い時期なので、ドアが寒い地域である「ドアを開けて乗る」ものだったのに少々悩みつつ。
無人駅が多いので、運転手さんに切符を渡すというシステムです。
ちなみにピタパは使えないので駅員さんに言うとピタパ使って発券してもらえます。

乗っていると住宅地もありますがローカルな地域もあります。
でもワンマンカーが一生懸命走る姿、線路に止まる鳥が飛んでいく姿は祖母の実家を思い出しました。
毎日乗ってる方に怒られそうですが、すごく風情があっていい電車と思います。
加古川(だと思わる川)を見たらヌートリアいるのかなと覗く私。(加古川にいるカワウソみたいな生き物)

粟生の駅で神鉄に乗り換えるのですが、時間が3分ぐらいしかないので乗れるのかと思いきや隣のホームが神鉄という形でした。
ただ、切符どこで売ってるのだ?!と焦ります。
電車の止まってるホームにありますのでそこで買うようです。

加古線は使えないと言ってましたが、多分粟生から神鉄はピタパは使えないということでいいのかと思います。
焦ってたので未確認ですが、ピタパの機械がなかったので。
なので財布ご用意のうえ乗り換えに挑んでください。(早歩きでよさそうです。)
ちなみに新開地方面からだとピタパは大丈夫です。

ということで小野まで出てきましたが、ここからもバスの問題が。
浄土寺へはらんらんバスというコミュニティバスがあるのですが、この本数が少ない上に不便!
起点がサティになっているので、駅から浄土寺に向かおうとしてる観光客にはいまいちです。
少なくとも私が行った時間帯は、一度サティへ出て浄土寺に行くという形になります。
乗り換えは言えばチケットをもらえますが、ロスタイムがあります。
サティ自体を楽しめたらこれもいいのかもしれませんが、急がれる方はタクシーに乗ってください。
2時間に1本ぐらいの割合なのでどちらかをタクシーにしないといけないのが難点です。
私は帰りにタクシー使いましたが1400円ぐらいでした。
観光として浄土寺を利用しようというのなら、もうちょっとばかしバス考えてほしいなと思います。
不便だから車使う方が多いからもったいないっていうのはわかるんですけども…。

なので、浄土寺はお誘いあわせの上行かれることをお勧めします。笑

ちなみに神鉄も本数は少ないです。
しかもこの時期本当に寒いので(夏はクーラーない車両もあるらしい)温かくして乗車してくださいね。
posted by 桂花 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人郷土研究部な旅1001C 兵庫 加古川 ラ・サン・ミッシェル

神戸北野のパン屋さんらしいのですが、なんでここで買うんだと思いつつかりんとう饅頭に負ける。

hyojokakogawaono_10.jpg hyojokakogawaono_11.jpg

かりんとう饅頭…癖になる。
ただ、おいしいけど1個までにしないとかなり厳しい(胃にずっしり)です。
家に帰って食後に半分食べたんですが、家族全員同じ意見でした。
結構できたてはにおいますので注意です。
もう1つ食べたパンもよかったので、北野のお店もちょっとチェックしてみようかと思う私です。

余談。
調べてみたら北野工房の中にあるようです。
でもHPに加古川のお店のこと書いてなかったのでかなり更新されてない気配です…。涙
posted by 桂花 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人郷土研究部な旅1001B 兵庫 加古川 ぷちとまと

郷土研究なので、勿論食にも貪欲であらねばいけない!
下調べはしてましたが、駅からすごくわかりやすいお店でいいなとふらっとしていたらこちらが。
食べログでも紹介されていたので、迷わず入店しました。

hyojokakogawaono_09.jpg

お店の中は昭和の喫茶店!という感じで、分煙ではありません。
だけど、こういう店っておいしいこと多いんですよね。

hyojokakogawaono_08.jpg

かつめし。
これがうわさのかつめし!
大盛り過ぎて一瞬引く。笑
かつめしの下にご飯(心持ち少なめ)にサラダ大盛りに汁物。
私は鶏・豚・牛の一番高い牛を頼んでみた(折角だし!)んですが、柔らかくておいしいんですね。
ご飯の量も絶妙すぎてばくばく食べたんですが、ソースが濃い目なので味に飽きそうな時にサラダと汁物が合うようになっていてまた進む!
オニオンスライスがすごく口直しにいいんですね。
さすがにサラダが多くって残しましたが、とてもおいしかったです。
posted by 桂花 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人郷土研究部な旅1001A 兵庫 加古川 大乃いづみ屋

鶴林寺の門の前にあるお土産物屋さんでもなかを売っているということですぐに食いつく私。笑
そのもなかと饅頭のセットのパックを買わせてもらいました。

hyojokakogawaono_06.jpg

hyojokakogawaono_07.jpg

パックのほうは桜餅がかなり好みでおいしかったのですが、もなか…これがいろんな意味で恐ろしいもなかです。
刀田太子というもなかなんですが、あっさりしていておいしいんだけど…食べるのがもったいないです。

こちらもセットでまた買おうかと思います。
posted by 桂花 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人郷土研究部な旅1001@ 兵庫 加古川 鶴林寺

先日、ふらふらと県内寺めぐりをしてきました。
奈良を好きになって奈良のお寺は何度も行ってますが、県内はほぼ行ってない。
近所のお寺よりも奈良のお寺のほうが近いのか!と言わんばかりの行動でした。

でも、県内もちょっと触れていったほうがいいかな?と思いだし、どっか行ってみようかと。
家からちょっと遠い浄土寺に行ってみたいと思いつつ、バスがないやないのと呟いていたら教えてくださった方がおられたので行ってみることにしました。
その時に鶴林寺もいいよということだったので、加古川→小野というコースで行きました。
本当にありがとうございます。

加古川は神戸からだと通勤圏の方もいらっしゃるので名前はよく聞く場所です。
ただ、ここ近年のイメージはかつめしだというぐらい行くご縁がなかった場所でした。

JRで加古川に出て、バスに乗ります。
コミュニティバスなので、いい時間なら30分なければ1時間ぐらいで1本のようです。
市役所とか官公庁関係の場所を通り抜けて、鶴林寺のバス停に到着しました。

hyojokakogawaono_01.jpg

hyojokakogawaono_02.jpg hyojokakogawaono_03.jpg

hyojokakogawaono_04.jpg

鶴林寺の第一印象。
加古川!こんな素敵なものを隠し持っていたのか!くううう!です。
いいお寺とは聞いてましたが、思った以上に素敵すぎて門のところで変なテンションになる私。
いつもなら塔!と大喜びするところですが、本堂が本当によかったんです!
秘仏ということで次の御開帳は生きてるかどうかわからないぐらいのあたりらしいのですが、お堂内のいろんなものが本当に味わい深くずっと見ていたかった(実際すごい姿勢で見てた)ぐらいだったので、その真剣さ?にお寺の方が「ここは秘仏でお見せできないですが、新薬師堂には大きい薬師さんがいらっしゃるのでよかったら」と教えてくださったので移動。

hyojokakogawaono_05.jpg

これが…また素晴らしいのです。
薬師さんもいいんですが十二神将の皆さんが…お堂入った時に思わず「おお」と。(他の方も言われてました。)
トリビアでも取り上げられたりしてたようで、十二神将でもちょっと変わった感じです。
亥の方の衣服の靡かせ具合が面白いのと、犬の方が一人だけ全く恰好が違ったり、上半身脱いでる方がいたり。
本堂のほうにも小さい十二神将はいてはったんですが、こちらは迫力があって素敵。

宝物は文殊さんとかがいてはるコーナーがあったんですが、象がどう見てもメタボっぽい犬のようで。(失礼な!)
全体的にころっとしてるので他人には思えませんでした。笑

バスの時間があったので、早々に切り上げましたがまたすぐにでも行きたいお寺です。
県内で一番好きなお寺を言われたら、鶴林寺と言いたいと思います。
posted by 桂花 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

尼崎 茶の彩 COCOEあまがさき

ちょっと用事で出かけた時に、気になっていたCOCOEへ行きました。
行く前にHP見て、茶の彩さんが気になって寄ることに。

こちらはお茶の専門なんですが、飲み物+300円で薬膳角煮カレーが食べられるとあり「私はパフェを食べるのが目的!」という気持ちをまず曲げました。
セットにしないといけない条件とはいえ、実質300円でカレーはそうでもないやろ〜って気持ちもあったので。

1005cyanosai01.jpg

ですがね、これが非常に好みだったんですわ!
最近五穀米や穀物米が好きなので、これにカレーはナイスバラーンス!と思いました。
角煮は甘めなので、カレーと被らない味で口直しっぽいです。
カレー自体はあっさりですが、穀物米のごもこもした食感とよくあっていておいしいです。
しかもアイスまでついていた(知らなかった)のでびっくりしました。
小食で抹茶好きの方には是非お勧めしたい!
…コーヒーよりは抹茶のほうがよいかと思います。
(抹茶押してる店でこのセットは非常に失礼でしたね…すいません…)

1005cyanosai02.jpg

でも諦められない私は無謀にもほうじ茶パフェを。
昔はほうじ茶はあまり好きではなかったんですが、大和茶を飲ませてもらうようになったせいか飲むようになりましたので「渋みの魅力」を感じるようになりました。
パフェですが、完璧に和風です。
中に入っていたものなかなかおいしかったのですが、重なってる順番がもうちょっと違ってもいいんではないかな〜と思いました。
コーンフレークはしみていないで食感があってよかったですが、しみてる部分もほしいと。笑

ブログ記事見てると、私は特に甘いもの食べすぎだと反省します。
健康診断も近づくので、当分はまだ紹介していないお菓子を紹介します。
posted by 桂花 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

兵庫県(播磨町) 兵庫県考古博物館

もう半年前ぐらいに行ったのですが、すっかり載せるの忘れておりました。
埴輪たまらん!と熱く語ったら、お勧めだと教えてもらいました。
古代関係の特別展があったので、少々行くのがめんどくさかったのですが行きました。

0911koukogakuhakubutsukan_01.jpg

0911koukogakuhakubutsukan_02.jpg

0911koukogakuhakubutsukan_03.jpg

この考古博物館は大中遺跡のところに数年前にできた博物館なんですね。
ちょっと駅からが遠いのですが、散歩道のようになっているのでまあ散歩と思えばそうでもない距離です。
すぐ見たいから駅から近くで!と願う私が悪いのでしょうが。

お勧めとは聞いていたものの、ここんところ博物館に詳しくなったせいか「そうでもないやろ」と思っていましたが、非常に面白かったです。
数体の人骨の埋葬の説明、村の戦いなんかのアニメ、石棺のレプリカ、30センチぐらいの前方後円墳の模型(ほしい!)など大人でも子供でも楽しめるものが沢山ありました。
子供だましでもなく、大人も興味を持てる展示方法で非常によかったです。
特別展示より通常展示のほうが好みでした。

発掘ひろばもあるんですが、子供の心を持った大人は入れないんでしょうか?笑
友達の子供を借りて入っていきたい気持ちになりました。

でも!私としては一番お勧めしたいのが古代衣装コーナー!
古代の衣装が着れるゾーンがありまして、ここでは写真を撮ってもいいらしいのです。
…いい大人が平日の夕方大興奮で羽織ってる姿は大丈夫か?!と思いますが、どうしても高松塚古墳のあの格好をしてみたかったのでしてしまいました。笑
平城京の天平衣装体験もやるつもりです。(もう恥は捨てました!)

0911koukogakuhakubutsukan_04.jpg

0911koukogakuhakubutsukan_05.jpg

展望台からは大中遺跡が見えます。

ここでわかったことは、私は古墳が好きだけど遺跡にはあまり興味がないということ。
やっぱり埴輪がすきなんですね。

0911koukogakuhakubutsukan_06.jpg

ということでまた埴輪関連のグッズを買い占めました。
ミニチュア埴輪大好きです。
posted by 桂花 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

芦屋 パンタイム

SODACHIさんを出まして、また阪神に乗って芦屋へ。
以前SAVVYで紹介されていたお店です。

1003pantime02.jpg

ちょっと前に改装されたとのことで綺麗なお店でした。
ネット情報を見たら気になるところが少々あったのですが、平日の朝早く(しかも雨)だったせいでお客さんが1人ぐらいしかいない「ゆっくり選んで買える」珍しい時だったようです。
そのせいか、思うよりも買ってしまいました。
移動中昼をまた逃してしまったので、法隆寺で食べました。

1003pantime01.jpg

1003pantime04.jpg 1003pantime03.jpg

クリームサンドみたいなものはあっさりしていて、あんバターは一緒に食べると一風変わった味になります。
でもどの種類を食べても最後の後味が同じ気がしたのは私だけなんでしょうか…。
こちらは多分乳製品(特にバターかな?)を他店よりも多く使われているようで、そのバターの塩味が最後に残る気がしました。
ネットで「おいしくなかった」と言われていた方のご意見が、パンが硬くてカスっとした感じっていうのはわかる気がすると思います。
「すごく好き!」「何よこれ!」と好みが分かれるお店なんだと思います。
私はおいしいと思いますが、ちょっと好みとは違うかな?と思いました。(すいません…)
ちなみに今回一番買ったパンで一番好みだったのは山食です。

それと気になったのがよく似た種類の多さ。
同じ形で味違いが多い気がします…有名店なので混雑時だと被ってる感が薄いと思いますが。
あんバターといもバターみたいな風にあるのでこれが好き!と思う人は全種類制覇したくなりますが、もういいやって思うともう買わないみたいになってしまう気がします。

なので今度行くことがあればパンよりもクリームチーズとかを買ってみたいと思います。
オンザリッツするのには最高だと思うんですよね。
あと気になるのがアイスクリーム!
なかなか1dayパスないと行けるお店ではないので(多分帰りは閉まってる)難しいのですが。
posted by 桂花 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

明石 明植堂の子もちたこ最中

妹がいただいたようです。

0912meisyokudou01.jpg 0912meisyokudou02.jpg

見た目がユーモラスですが、かなりおいしい最中です!
餅が入ってる=子持ちとしてるんですね。
食べて「ダジャレかよう!」とお決まりのツッコミをしてしまいました。笑
妹(基本的に食に対して保守的)が「明石か…買いに行ってもいいわ!」といったくらいですので、甘さは控えめでしっかりした印象だと思います。

明石は先日ご紹介したくるみやさんもあるので一緒に買いに行こうと思います。
たこフェリーにも乗ってみたいので暖かくなったらぶらっとしに行こうかなと思ってます。
posted by 桂花 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

阪急西宮ガーデンズ ヘルシンキ・ベーカリー

下の記事は西宮(兵庫)に入れるべきかと悩みながら奈良のほうへ入れたのですが、こちらは西宮なので新カテゴリのほうへ。
下の記事の関係で行ったついでに阪急西宮ガーデンズに寄りました。

といってもご飯食べてパン買って帰っただけなんですが。
さすが阪急の名前がついてるだけあってお洒落!
花屋さんが飾ってはった花(多分ハナミズキかと思われる)のがすごくかわいかったです。
本当に買おうかと思うぐらいにかわいかったんですが、これは高いぜ!という空気が私をやめさせました…。
ここはお洒落していくべきだと思いました。
お金ないので目を肥やしに行きたいと思っております。
一見の価値ある素敵な場所ですね。
なんかテンション高くなりました。

で、食べたらここで紹介だ!と思う私なのですが。
食べたご飯の味が濃く、しかも味わいがない(うどんでいうとダシ入ってないやろ!的な感じですね)のでがっかりしました。
なのでへこみながら帰ろうとしたらパン屋さんがあったのでそちらでパンを買いました。

0910helsinkibakery01.jpg

0910helsinkibakery02.jpg

0910helsinkibakery03.jpg

ヘルシンキ・ベーカリーさんです。
ライ麦にこだわりがあるようで試食させてもらいましたが、それ以外のものを購入しました。(すいません!)
シナモンキューブ(そういえば入口の案内でみてかわいいと思った)とくるみ。
少々割高だったのと、初めてのパン屋さんで冒険しないようにしてたので2つだけ。
シナモンキューブはオレンジを買いました。(5種類あります)

くるみは噛んで味が出るという感じで素朴な味です。
シナモンキューブはアンデルセンさんとかで食べたことのあるような味だな〜と思いました。
小さい食パンの中にドライフルーツを入れて焼き、それを切ってコーティングしてある(と思う)のですが、このサイズなので食べやすいしかわいいんですね!
袋もかわいいのでちょっとした差し入れとかでも充分いけると思います。
170円ぐらいなので洋菓子好きさんにはおすすめですね!

試食させてもらったときに「ああこれ…愛地球博の北欧館思い出す味…」と思いました。
あの館の食事は確かアンデルセンさんだったと思うのですが(違っていたらすいません…)北欧のパンはこういう味わいなのかなと思った私です。
posted by 桂花 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(神戸以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。