2011年01月02日

微妙に紅葉の奈良とちょこっと京都2日目A 岩船寺

バスで5分ぐらいのお寺なんですが、歩く時間(30分ぐらい)はなかったので乗りました。
こちらはコミュニティバスということで使っていたチケット(ピタパもダメらしい)が使えず200円払いました。
でもこのバス乗るのもったいない!
200円がじゃなくて、道のりにある販売所のレベルの高さ!(販売所大好き)
ナス大好き桂花は「ナス〜」と窓からへこむのでありました。

バス停につきましたら、こちらも販売所があります。
だけど大根重くって買えない!とまた嘆くのでありました。
餅はすごく悩みましたが、道中考えてこれも諦めました。

…その数分で私どんだけ食べ物に執着したか!(力説)
私はバス道なので、山道を通るコース歩けたらもっといろいろ楽しいのだと思います。

さて、岩船寺。
なんとなくですが、お遍路さんのお寺のような魅力を感じました。(行ったことないのですが)
小さいお寺ではありますが、こちらも雰囲気があるお寺でよかったです。

nara1011_30.jpg nara1011_32.jpg

三重塔は内部の特別公開されていました。
すごく色合いとかがすごいです!
お寺でみる赤色(丹色?)とか青色とか金の使い方がすごいんですよ!
そして鬼がいるのがかわいいです。
他の拝観者の方と同じリアクションをしながら1周回りました。(全くの他人数人が同じリアクション)

nara1011_31.jpg

本堂の中は思っていたよりもパワフルかつ渋いです。
(本堂の写真これしか撮ってなかったです…混んでたので後で撮ろうと思って忘れてました!)
ご本尊とかは大きくてたくましいですが、小さな仏像は個性的で素敵。
普賢菩薩さんの象の目がいやらしいと私も思いましたが、後ろにいたカップルも言ってました。笑

タイミングよくご住職のお話も聞けました。
塔を直してと言われたのに直したら前のほうがよかった〜とか言われたお話とか、お金がすごくかかるんだけど檀家さんがすごく少なくて大変とか…お寺のお話よりそっちに興味深かった私を許してください。
そういうお話聞くとお寺も大変だなと思います。(長岳寺でも同様の私)

nara1011_35.jpg

そういうわけではありませんが、家族に年女がおりましたので卯年の干支買ってみました。
うさぎってかわいくってずるいですよね!

またバス停に戻り、浄瑠璃寺でまたバスに乗り換え奈良駅へ。
町中に戻ると、今見たお寺が夢のように思えました。
この2日間で当尾の魅力をふんだんに感じた私でした。
posted by 桂花 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良寄りの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

微妙に紅葉の奈良とちょこっと京都2日目@ 浄瑠璃寺

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
続き載せていきます。

平城宮跡会場ファイナルということもあり、泊まっていた西大寺はすご勢いで向かわれる方が多かったです。
それを逆行するように昨日と同じバス停で浄瑠璃寺へ。

私はこちら方面は初めてだったので、どういうところか想像を膨らましてました。
室生寺のような場所にあるお寺を想像してたんですが、バス停からお寺までが小さな集落っぽくなってました。
結構お土産が売ってたり、ご飯なんかも食べれるのにびっくりしました。
それが雰囲気あってよかったです。
茶葉が100円で小さい袋に入って売っていたりも。

nara1011_26.jpg nara1011_28.jpg

ちょっと前に関西で再放送されていた番組を撮り逃してからずっと来たかったお寺。
境内に入った瞬間に「おおこれが!」と感激しました。
塔もあり、こちらも雰囲気が非常に素敵。(アライグマよ荒らすのはやめてくれ…)

本堂のまわりにいろんな説明とか注意とか書かれている文字がすごく好みで。
しかもお堂に合っていてそれも1つの魅力を感じました。
入口(思いっきり力入れたら壊れそうな)の引き戸をそーっと入りますと、写真で見た仏像の皆さんが。
なんだけど…あれ?なんかぎゅうぎゅういらっしゃるけど雰囲気がまったりするな〜。
広くはないお堂の中に沢山人がいらっしゃるようなんだけど、それも別に気にならない。
すごく譲り合った拝観だからと思われます。

nara1011_27.jpg

nara1011_29.jpg

いろんな仏像が安置されてますが、この時は吉祥天さんが公開されてました。
肝っ玉母さん的な魅力もありつつかわいい人だなと思いました。
子安地蔵さんには友人知人の子供の健康と安産を祈願しました。
こちらのお寺なかなか楽しい(ってお寺に表現していいのか?)です。
ポストカードとか写真が結構安いので三重塔カードばっかり買ってみました。

そして、こちらでご朱印をまた始めてしまいました。
私以前3ヶ所でいただいてそのままのものがあるのですが、重さで持ち歩きを断念してました。
浄瑠璃寺では持ち運びのいいご朱印帳が売っていたうえに、先ほどの字が本当に好きで。
(ご朱印はそういう目的でもらうものではありませんが、本当に素敵だと思ったので。)
なかなか行けないお寺でいただく!というルール?でこれからまたいただこうと思いました。

バス停にもどってから岩船寺のバスへ。
バス停の近くのトイレでおもいっきり携帯を床に落とし、調子が悪くなりへこむのでありました。
posted by 桂花 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良寄りの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

微妙に紅葉の奈良とちょこっと京都B 京都 海住山寺

お腹も満足し、拝観させていただくことに。

nara1011_14.jpg

最初は五重塔
上がって中を覗けるように拝観させていただけるので3周しました。笑
中に安置されている仏像の皆さんは小柄なのに勢いがありました。
小さな祠のような塔内?とでもいうのでしょうか。
やっぱり塔はいい。

nara1011_15.jpg

本堂
名前覚えてないのですが、お堂の中の左端のほうに沢山仏像が安置されていたのですが、そこにかなりかわいい方が!
他の場所の四天王をじっくり見た後にもう1回かなり見ました。
六なんとかさんだったと思うのですが。
こちらのお寺で見たと思うんですが、大明神さんが狐の上に乗ってはった仏像もよかったです。

nara1011_17.jpg

本坊は本当に庭と景色が良かったです。
私が行った時はちょっと早かったんですが、紅葉してる時の写真が飾ってありました。

nara1011_16.jpg

こちらのお寺は前にも書きましたように、車でないと無理!と言いたいお寺です。
それが故に特別公開の時はタクシーがつかまらない。
私が乗せていただいた山城タクシーさんと、もう1社あります。
しかも車の台数が少ないようで、電話してもすぐに来ると思っては難しいのかもしれません。
そこは注意したほうがいいと思います。

それを運転手さんがよくおわかりなので、呼んだあとにもう1社の方が声かけてくださいました。
貸切だったので乗せてはもらえないのはこちらもよくわかってたのですが、呼んだタクシーが来た時にまたお声かけてくださって。
とてもうれしい気持ちになりました。

帰りは同じ運転手さんで恭仁京のあった所があのあたりと教えてくださいました。
お寺のある山のふもとに国分寺跡があるんですが、そのあたりのようです。
今度行くときは帰りは歩こうと思いました。

お寺もよかったですが、運転手さんたちとまたお話ししたいと思う私です。
ケーキ屋さんも行きますよ。
posted by 桂花 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良寄りの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

微妙に紅葉の奈良とちょこっと京都A たなか 五目いなりといなか巻き

奈良寄りの京都なので奈良に入れるのもおかしいので、奈良寄りの京都カテゴリ追加しました。
たなかさんは奈良なんですが、場所優先でこっちのカテゴリに入れてしまいます。

近鉄奈良駅まで戻り、加茂駅までのバスに。
恐ろしくまったりする空間にまったりしたりうとうとしたり。
加茂駅初めてだったんですが、かわいいケーキ屋さんがあって気になりました。

そしてここからタクシーという究極の技を使いまして、海住山寺まで。
タクシーの運転手さんに乗せてもらうのは近くて悪いんじゃあないかと思って聞いてみたら、近くも遠くもないようです。
実際のところ上り坂がきつい上に道が狭いので特に初めては「乗せてもらわないと無理!」と思います。
そんなに気を遣わなくてもいいですよと言ってくださったので、ほっとする私。
世間話なんかしつつ、お寺に到着。

12月の大根焚きの案内にときめきつつ、先にご飯を食べることに。
本日のごはんは、たなかさんの五目いなりといなか巻きというお弁当。
バス乗り換えるのにふと目に入り、どこかで食べようと買いました。(ダメなら夜ご飯候補)
海住山寺の受付近くには休憩場所がありまして、拝観者はそこで食べてもいいらしいです。
一応声掛けさせていただいてから、弁当を開く。

nara1011_12.jpg

nara1011_13.jpg

おおい!大きいぞ!
乙女はこんなの食べれないぞ!
といいながら若手のおばさんは躊躇なく食べました。
ボリュームがすごい!とんでもなくすごい!
たなかさんは柿の葉寿司はちょっと好みとは違うのですが(すいません!)のり巻きは非常に好み!
節分のといい、今回といい非常においしかったです。
おいなりさんのほうは本当に大きくて食べにくいのですが、味はこれもおいしい!
ですが…家で食べたほうがいいね!というぐらい大きいです。

後で後悔するのですが、ツイッターでフォローさせていただいてる方とニアミスしていたようです。
お昼さえ食べなければ!

posted by 桂花 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良寄りの京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。